メインイメージ

中古車オークションの歴史

中古車オークションが持つ歴史とは


現代の日本において中古車オークションは中古車を処分する方法の一つとして認められており、各地では様々な中古車オークションが催されています。
今日においては非常に一般化した中古車オークションですが、日本におけるその歴史は比較的新しく、1967年に行われたトヨタオークションがその始まりでした。
この頃は第二次世界大戦が終結して経済的な復興が始まってから暫く経過した頃であり、各一般家庭もようやく自家用車を持てるだけの購買力や経済力といったものをつけてきた時代になっています。
このトヨタオークションにルーツをもつ、それぞれの正規メーカーが主導して行われる中古車オークションは「メーカー系オークション」とも呼ばれていますが、このオークションが行われるようになってからは中古車市場の成長がより活発となり、全国各地には中古車を買い取って転売することで利益を上げる、今でも存在している中古車販売業者というものが誕生していくこととなりました。
それから暫くの間、中古車オークションというものの主役はメーカー系オークションであった時代が続くこととなりますが、1970年代になるとその状況は一変するようになります。
各地に存在する中古車ディーラーが業界全体の地位や安全性、効率といったものをより高めるために、中古車販売事業者の同業者組合を設立するようになってきたのです。
1971年には「日本中古自動車販売協会連合会」と呼ばれる連合会の設立も行われ、中古車市場における取引を自主的に取り締まり、健全なものにする動きが出てきました。
そして多くの事業者同士が交流を持てるようになって誕生することとなったのが「組合系オークション」です。
とはいえこの組合系オークションが行われるようになった当初の目的は消費者に対して広く中古車を販売する機会を設けるということではなく、同業者の中でそれぞれが持つ在庫を交換し合うというのが目的となっていました。
比較的大きな都市で開始されたこの動きは次第に地方へと広がっていくこととなり、1980年代には「企業系オークション」と呼ばれる動きが発生することとなります。
これは今日における中古車オークションのベースともなっているものであり、ある企業が代表して中古車オークションを開くことにより、主催した企業は出品料や成約手数料といったもので収益を上げ、中古車販売業者は自社の中で抱えていた在庫を処分できる新たな場を獲得するに至ったのです。
この頃になると一般消費者に対しても広く門戸が開かれるようになり、同時により中古車の安全性が高められることを目的とした取り組みなども活発に行われるようになりました。
中古車オークションはこのような歴史で発展を続け、2008年には年間800万台の中古車がオークションで取引されるようになりました。
このように現在のオークションが成立するまでには、様々な歴史が存在していたのです。