メインイメージ

中古車オークションでの出品!

中古車オークションに出品する際の費用


最近の日本では多くの人が自家用車を持つようになりました。地下鉄やバスなどの公共交通機関が発達した大都市は除きますが、特に公共交通機関が発達していない地方においては自家用車は無くてはならないものです。例えば、仕事に行く際の通勤手段、病院までの交通手段、日常の買い物の際に使用する移動手段など、日常生活を維持する上で自動車は切っても切り離せないものになっています。特に、軽自動車においては、自動車税や自動車重量税などの税金が普通乗用車と比較して格段に安いことや、燃費がよいこと、高速道路料金も乗用車と比較して安いなど普通乗用車と比較して、多くの魅力があります。このため、特に軽自動車を中心に、自動車保有台数はおおむね年間を通じて増加しています。自動車保有台数が増えていくと、それに伴う新車の買い替えで中古車相場へ中古車が流れていきます。多くの場合、新車購入時にディーラーに売却を依頼するか、中古車販売会社などに売却を依頼します。中古車オークションに出展する際は、古物商許可のうち自動車商という許可が必要になります。そのため、古物商許可の自動車商を持たない一般の人は中古車オークションに出展することは出来ません。自動車はその取扱額が大きいため犯罪が多く起こる品目であるため、この古物商許可の申請の際は警察から多くの質問を受けます。中古車オークションに出展を依頼する際にかかる費用についてはいくつかあります。中古車オークションで売却を依頼する際は、例えばオークション出品代行費やオークション出品料、陸運費などが必要になります。古物商許可のうち自動車商の許可を持っていなければオークションに参加できないことから、オークションに参加者に対しての人件費が必要です。また、オークション開催会社に対してもその経費を支払う必要があります。そして、オークション会場に自動車を持参する手間費用などが、こうした経費になります。一方、中古車オークションで中古車を購入しようとする場合にかかる費用は、入札手数料や落札手数料、陸運費など費目が挙げられます。基本的に中古車オークションで自動車を売却する場合と違いはありませんが、売却する際も自分で出展することはできないため、古物商許可の自動車商をもつ人に対しての人件費や手間賃などがこうした費用として計上されています。
これ以外にも、名義変更にかかる経費やナンバープレート代金にかかる経費が必要です。