メインイメージ

中古車オークションの落札手数料!

中古車オークションにおいての落札手数料とは


中古車オークションには代行業者がいます。通常中古車オークションというものは中古車販売・中古車買取業者といった専門の業者が利用の出来るもので、一般の個人ユーザーがこのオークションを利用して購入や販売は出来ないこととなっています。しかし個人が自分の車を売りたい時や、中古車オークション市場において安く購入を考えている場合などに、代行業者を通じて利用することが可能です。
個人ユーザーはオークション会場に入り実際の車を見ることが出来なかったり、会場内での走行による試乗は出来ないといったデメリットはありますが、中古車を安く購入出来たり中古車の多くの情報を提供出来たり、落札価格を事前に知ることが出来るといったメリットもある中で利用をする個人ユーザーもたくさんいます。
こうした中古車オークション代行業者によって、オークション会場内で出品されている中古車の中から希望の車種が見つかりましたら代行業者によって下見が行われ、ユーザーが購入希望の申し込みを行うと代行業者の方から入札が行われます。ユーザーが購入希望するまでは、中古車オークション会場内の情報提供が代行業者からあるので購入の検討が出来るという形です。
一般ユーザーが購入を希望する中古車がオークション代行業者によって落札された場合に、落札手数料が別途発生します。オークションなので必ずしも購入出来るとも限らず、落札に至らなかった場合は落札手数料は発生しません。この手数料は落札価格の3%~5%で20000円から30000円ほどの費用となります。
オークション代行業者を利用して中古車を購入する場合は、このような形で落札手数料もかかることを踏まえ、それを含めた予算で購入金額を決めておくと良いでしょう。事前に購入を希望する中古車の落札価格を情報として知らせてもらえることと、それぞれの利用する代行業者から事前にかかる費用なども事前に知らせてもらえるので、予算は立てやすいでしょう。
あくまでもオークションなので落札出来なければ必ず購入出来るとも限らないので、購入に至らなかった場合は諸費用も発生しません。手数料は中古車オークションにおいて落札した時にのみ発生するものなので、代行業者への購入希望は安心して出来るようになっています。代行業者は入札・落札の代行だけでなく、名義変更やその他の手続きも代行して行ってくれるので、購入にいたっては手軽に出来るものとなっています。