メインイメージ

中古車オークでの外国車

中古車オークションでの外車は、人気が薄いです


外車の多くは、千倍のディーラーで販売されています。
また、その中古車も各ディーラーで下取りとして引き取り、程度の良いものだけを選別して整備をしたうえで認定中古車として販売しています。
そのため、中古車オークションに出品される車は程度がよくないものか、年式の古いものに限られます。
そのため、あまり人気がありません。

ブランド力のある外車は、ディーラー以外でも販売されることが多いのですが、その多くは並行輸入であり、必ずしも日本の風土に合わせた調整がされていません。
最近の外国車は、全世界で販売されることを前提としているのですが、高温多湿の風土や、立体駐車場という諸外国にはないパーキングスペースに合わせた改造がされていないことも多いのです。
結果として、日本で使うには不都合が多くなります。
このような車も同様に中古車オークションでは人気がありません。

中古車オークションの人気は、日本人の業者だけではなく外国人の参加も影響しています。
外国人の売り先は、自分の母国であり必要としている車は日本車に限られます。
当然外車には用はないのです。
このことも、中古車オークションで日本車に比べて外国車の人気が低いことの原因です。

中古車オークションは、人気のある車が多く出品され、人気のない車は出品しても買い手がいないため取引対象にならないことが多いです。
また、中古車屋にとってはわけのわからない外国車より、勝手のわかっている日本車のほうが売れやすいし後日のクレームも圧倒的に少ないのです。
しかも、新しい年式の外国車はディーラーが手放さないので、なおさら売りにくい車ばかりが出品されるという悪循環に陥ってしまうのです。

とはいえ、外国車の中古車が市場で流通していないわけではありません。
中古車オークションでは人気がなくても、その外国車を取り扱っている業者間では取引が活発にされています。
つまり、場外での取引が活発だということなのです。
この市場内の業者は取引参加者が限定されています。
そのため、顔の見える業者間での取引が主になるわけで、それ以外の業者は相手にされないし、入り込んでくる業者もいないのです。

中古車オークションに参加する中古車業者は不特定多数です。
不特定多数の業者が持ち込む多くの車をたくさんの業者が見て値段をつけるのですが、一定のマーケットが形成されている外車については、このような場所が必要ないといっても過言ではないのです。