メインイメージ

購入手続き

中古車の購入手続きについて


中古車というのは一度人の手に渡った車ですので、そこには傷や故障があるのがふつうでありまたそれらが隠されているようになっていることもまた普通です。そのため中古車を購入しようとする際には、その購入手続きとして通常の新車を購入するときの本人確認証や自賠責保険への加入などの手続き以外にも履践しておくべき手続きがありますので、それをここでは説明します。

まず中古車を購入する場合には、整備手帳について販売者から公開を行ってもらうべきです。整備手帳というのは、その車を整備した時の記録がいろいろと載っている手帳です。そこには整備を行った人整備個所と整備者の名前が記されています。そしてこれを見ることによってその車が整備を受けるほどの傷や故障を受けた過去があるのかがわかります。そのためこの手帳を見ることでその車の経緯を見ることができるのです。

ほかにも塗り替えの記録というものも慣習上公開すべきと考えられており、塗り替えをしたという場合にも公開をすべきと考えられているのです。

こういった手続は中古車が一度人の手に渡りその商品としての品質がさまざまであることから、公正な取引を行うために必要なものですがそれについては知らない方も多いですので、悪徳な業者などの手にかかるとこういった記録を偽造することも容易になりますので、販売店には注意を行わなければなりません。こういった事実の起債において騙されないためには、販売者の情報を公開しているところをよく見て、おかしいところはないかということについて注意するべきです。

たとえばこういった記録が手書きでなくパソコンで打っていたりする時には注意が必要です。通常は整備員の方が辞意櫃で記入しますので、販売者とは違う人間が整備したことがわかりますが、パソコンだとそれがわからないので、虚偽の整備の記録の可能性があります。そのため信頼できるお店を見つけることは非常に重要なこととなってきます。

いいお店を見つけるためにはまず店頭の清潔感を調べていくべきです。店頭にはお店のすべてが出ますので、これを不衛生にしているところには、お客さんに対する配慮が感じられないので入らないほうがいいです。さらに中古車についての知識についても、豊富なお店であれば購入の際の助けになってくれるということがよくありますので、お店を調べるときはいくつか質問をぶつけてみて、その知識の豊富さと誠実さについて確かめるようにしましょう。